共有サーバーの表示速度について

共有サーバーである以上は共有数がサーバーレスポンスに影響を与えるのですが、共有神通は公表されていません。

そして保証帯域を確保しているような事なのですが、新規に契約をしようとするような方には信用度が低下してきます。

そして使わないような方にとっては百年たっても使わないようなものですが、CGIのデバックの時にTELNETが使えないといったことは少し不便なのです。ですがサーバー全体のセキュリティとして使えないようなことのほうが残念でしょう。

そしてアクセスログとエラーログを任意の期間保存できないですが、サポートに確認してみると1か月で自動削除されるようなことになっています。

そして、ブログは普段は見る機会がほとんどないですから、正直実害はないのですが、できれば自分で保存期間をせっていできた方が万全でしょう。そしてエラーログを過去にさかのぼってチェックしてみるようなことが可能ならば、いろいろなCGI設置で不具合があった時、特定することができます。

 

ドキュメントルートは自分がサイトを作っていくときに、INDEX.HTMLをおける最上位のディレクトリなのですが、サイト構築でここ以外にアクセスする必要性はないです。

ですが、xサーバーはドキュメントルール以外のアカウント情報が入った重要ディレクトリまでFTPでアクセスすることが可能です。

そしてサーバー中級車以上であれば問題ないのですが、初心者がここにアクセスできるようなことがあって、勝手にフォルダやファイル削除をしてみればまずいといったことがありますが、サーバー管理者の意図を知りたいところです。

そして一番の特徴として安定かつ高速で機能的の部分とコストパフォーマンスが優れているといったことがあって、共有サーバーでも高稼働率で高機能がとてもほしいような方にはおすすめのレンタルサーバーでしょう。そして利用者の人気が高くて2013年時点で10万件以上の契約がありますし、法人から個人事業主まで幅広く人気があります。

2017年8月度申し込みランキング

ここでは、2017年8月1日から8月31日までに申し込みがあったらレンタルサーバーのランキングをご紹介します。

【第1位】エックスサーバー

無制限のマルチドメインサーバー /初期費用3150円 月額1260円~
国内契約者数2位/累計9.7万人(公式HPより)

【支持される理由】
初心者向き、実践向きのサーバー。管理画面が分かりやすく、マニュアルなしで各種設定が可能。
1契約で無制限に独自ドメインを設定できるため、ランニングコスト、使い勝手、電話サポート。
ホームページデーターを自動バックアップ(7日前まで)体制など1台借りとけば困ることはまずない点が支持される理由

>エックスサーバー口コミと評判を確認


関連記事

Add a Comment