国内サーバーと海外サーバーのそれぞれのメリットとデメリット

レンタルサーバを利用する場合、国内サーバーと海外サーバーがあります。
では、国内サーバーと海外サーバーのどちらを利用する方がいいのでしょうか?
海外サーバーの場合は、英語に全てなっているため、英語が理解できるかどうかがまずは国内サーバー、海外サーバーを選ぶ一つの基準です。
国内サーバーと海外サーバーのそれぞれのメリットとデメリットについて見ていきましょう。

国内サーバーのメリットとしては、日本語でサポートしてくれる、転送スピードについては多く国内の顧客がいる場合は速い接続スピードになる、データを緊急時に取り戻すことが簡単である、ということが挙げられます。
国内サーバーのデメリットとしては、高い維持費であることが挙げられます。

一方、海外サーバーのメリットとしては、価格帯が同じ場合は機能や自由度が優れている、反応スピードについては多く海外の顧客がいる場合は速い接続スピードになる、安い利用料である、ということが挙げられます。
海外サーバーのデメリットとしては、信頼性が高くない、中継点が多いため転送スピードが遅い、ということが挙げられます。

2017年8月度申し込みランキング

ここでは、2017年8月1日から8月31日までに申し込みがあったらレンタルサーバーのランキングをご紹介します。

【第1位】エックスサーバー

無制限のマルチドメインサーバー /初期費用3150円 月額1260円~
国内契約者数2位/累計9.7万人(公式HPより)

【支持される理由】
初心者向き、実践向きのサーバー。管理画面が分かりやすく、マニュアルなしで各種設定が可能。
1契約で無制限に独自ドメインを設定できるため、ランニングコスト、使い勝手、電話サポート。
ホームページデーターを自動バックアップ(7日前まで)体制など1台借りとけば困ることはまずない点が支持される理由

>エックスサーバー口コミと評判を確認


関連記事

Add a Comment