FTPサーバーについて

皆さんは、自分でホームページを作成されたことはございますでしょうか?そしてそれを公開されたことはございますでしょうか。

自分でホームページを作成し、それを公開したい場合、どのようにすればよいのでしょうか。

定石としては、自分が契約しているプロバイダー等にFTPソフトで転送するという方法です。

プロバイダーにはそのWebサイトを格納する書棚のようなものがあって、クライアントコンピュータからWebサイトのファイルが転送されると、それぞれあらかじめ決められた書棚に格納されるのです。このプロバイダー側に存在するサーバーのことをFTPサーバーと呼びます。
そしてこの転送する行為を別名「アップロード」、その逆を「ダウンロード」といいます。この言葉は有名ですね。

通常、クライアントがFTPサーバーとやりとりする場合、事前に登録したIDとパスワードで認証を行います。

しかし不特定多数を対象とする場合、事前にいちいちアカウントを登録していたのでは非常に大変です。そこで事前登録も不要、ID,パスワードも不要でアクセスできるようにする機能がFTPサーバーにはあります。

これをAnonymousFTPサーバーといいます。

この設定を行っていると、事前の登録がされていなくても、誰でもFTPサーバーにアクセスし、フリーソフトウェアなどをダウンロードできるのです。こうすれば簡単ですね。ところでAnonymousとは「匿名」の意味を表します。そしてこのときに使用されるプロトコルはFTPといいます。

2017年8月度申し込みランキング

ここでは、2017年8月1日から8月31日までに申し込みがあったらレンタルサーバーのランキングをご紹介します。

【第1位】エックスサーバー

無制限のマルチドメインサーバー /初期費用3150円 月額1260円~
国内契約者数2位/累計9.7万人(公式HPより)

【支持される理由】
初心者向き、実践向きのサーバー。管理画面が分かりやすく、マニュアルなしで各種設定が可能。
1契約で無制限に独自ドメインを設定できるため、ランニングコスト、使い勝手、電話サポート。
ホームページデーターを自動バックアップ(7日前まで)体制など1台借りとけば困ることはまずない点が支持される理由

>エックスサーバー口コミと評判を確認


関連記事

Add a Comment