【最終評価】GMOクラウドサーバー(iCLUSTA+)徹底検証と最終評価

100%の稼働率を誇るGMOクラウド(iクラスタ)の実態と評価は?

 

 

>>GMOクラウドスペックの確認

 

GMOクラウド(アイル)のレンタルサーバーの最大の売りはサーバーの100%の稼働率です。

稼働率100%とは、サーバーはサーバー内の様々な要因で電源が落ちることがよくるのですが、このGMOクラウドサーバーは実質サーバーが落ちることはない(ホームページが必ず表示される)という意味です。

稼働率を売りにしているサーバーは、

スピーバー

Xbit

ギガーン

などのサーバーがありますが、いずれも稼働率が99%程度と言われています。

技術上100%にするのが非常に難しいのですが、GMOクラウドサーバーは1年以上独自のシステムによってサーバーが落ちることがないしくみになっています。

稼働率100%は日本国内でGMOクラウドサーバーのみです。

ホームページが売り上げに直結する方に向いているサーバー

公式ホームページによると、回線が落ちないように数代のサーバーで分散処理を行う「クラスタ技術」を採用しているようです。

普通のレンタルサーバーは1台のサーバーで処理を行っていますが、サーバー障害がおきるとすべてのサービスが停止しますが、GMOクラウド(アイル)のiCLUSTAサーバーでは害発生時に別サーバーで処理を行いサーバー停止を防いでいるそうです。 そのため、「障害に強い」仕組みが構築されています。

そのため、 GMOクラウドサーバーに適している方は、ホームページが表示されないと売り上げが下がる可能性がある方にもっとも向いています。

・ホームページで集客している方

・ネットショップ運営されるかた、

・アフリエイターの方、

・SEO対策会社の方

・ポータルサイトを運営している方など

ホームページ=売上に直結する方は、稼働率が99%と100%では若干でも売り上げにかかわってきますので、GMOクラウドサーバーを利用されることをお勧めします。

>>GMOクラウドスペックの確認

ちなみに、icrustaの技術はサーバーが落ちる要因の一つにホームページへのアクセスが集中しパンクしてしまう事がありますが、複数台のサーバーで分散処理を行うことで、安定したサーバー稼働を実現しているそうです。

icrustaの費用対高価について

GMOクラウドのレンタルサーバー、マルチドメイン60個~から対応していますので、複数ホームページを持ちたい方には非常にお勧めなレンタルサーバーと言えます。

月額980円で60サイトというと1ドメインあたり16.3円という破格のレンタルサーバーといえるのではないでしょうか?   また、共有sslが標準装備されているためセキュリティー面も安心できると思います。

GMOクラウド株式会社(従業員数 (連結子会社含む) 社員413名(平成23年12月31日現在)アバイト38名(平成23年12月31日現在) 本金 9億1,007万円 (平成23年12月31日現在)東京証券取引所に上場

 

>>GMOクラウド7日間無料体験はこちら

2017年8月度申し込みランキング

ここでは、2017年8月1日から8月31日までに申し込みがあったらレンタルサーバーのランキングをご紹介します。

【第1位】エックスサーバー

無制限のマルチドメインサーバー /初期費用3150円 月額1260円~
国内契約者数2位/累計9.7万人(公式HPより)

【支持される理由】
初心者向き、実践向きのサーバー。管理画面が分かりやすく、マニュアルなしで各種設定が可能。
1契約で無制限に独自ドメインを設定できるため、ランニングコスト、使い勝手、電話サポート。
ホームページデーターを自動バックアップ(7日前まで)体制など1台借りとけば困ることはまずない点が支持される理由

>エックスサーバー口コミと評判を確認


関連記事

Add a Comment