【最終評価】GMOクラウドサーバー(iCLUSTA+)徹底検証と最終評価

100%の稼働率を誇るGMOクラウドの実態と評価は?

 

 

>>GMOクラウドスペックの確認

 

GMOクラウド(アイル)のレンタルサーバーの最大の売りはサーバーの100%の稼働率です。

稼働率100%とは、サーバーはサーバー内の様々な要因で電源が落ちることがよくるのですが、このGMOクラウドサーバーは実質サーバーが落ちることはない(ホームページが必ず表示される)という意味です。

稼働率を売りにしているサーバーは、

スピーバー

Xbit

ギガーン

などのサーバーがありますが、いずれも稼働率が99%程度と言われています。

技術上100%にするのが非常に難しいのですが、GMOクラウドサーバーは1年以上独自のシステムによってサーバーが落ちることがないしくみになっています。

稼働率100%は日本国内でGMOクラウドサーバーのみです。

ホームページが売り上げに直結する方に向いているサーバー

公式ホームページによると、回線が落ちないように数代のサーバーで分散処理を行う「クラスタ技術」を採用しているようです。

普通のレンタルサーバーは1台のサーバーで処理を行っていますが、サーバー障害がおきるとすべてのサービスが停止しますが、GMOクラウド(アイル)のiCLUSTAサーバーでは害発生時に別サーバーで処理を行いサーバー停止を防いでいるそうです。 そのため、「障害に強い」仕組みが構築されています。

そのため、 GMOクラウドサーバーに適している方は、ホームページが表示されないと売り上げが下がる可能性がある方にもっとも向いています。

・ホームページで集客している方

・ネットショップ運営されるかた、

・アフリエイターの方、

・SEO対策会社の方

・ポータルサイトを運営している方など

ホームページ=売上に直結する方は、稼働率が99%と100%では若干でも売り上げにかかわってきますので、GMOクラウドサーバーを利用されることをお勧めします。

>>GMOクラウドスペックの確認

ちなみに、icrustaの技術はサーバーが落ちる要因の一つにホームページへのアクセスが集中しパンクしてしまう事がありますが、複数台のサーバーで分散処理を行うことで、安定したサーバー稼働を実現しているそうです。

GMOクラウドサーバーのSLA品質保証の実情

GMOクラウド(アイル)のレンタルサーバを5年以上導入していますが、SLAを導入するだけあってサーバー障害や回線が途切れているのを見たことがありません。

SLAは加入数の少ない会社なら返金額もわずかな金額の為さほど問題にはなりませんが、GMOクラウドのように加入者が多くなると1回サーバー障害が落ちただけでかなりの損失額がでます。

サーバー100%の稼働率を売りにしていますので、相当な自信があるのではないでしょうか?

SLA品質保証がメリットとなる方は?

SLA保証はすべての方にお勧めの保証制度ですが、しいていうとネットショップなどのユーザーにWEB上で直接課金させるホームページに向いています。

WEB完結型のビジネスは、サーバーが停止するだけで売り上げダウンにつながることがあるからです。

ユーザーはWEB上で商品を検索し、検討、他社との比較して申込みますので、これらの判断基準となるWEBサイトが障害発生などで表示できなくなれば、サーバーが停止しただけで売り上げ減になりえます。

ネットショップ、とくにアクセス過多な方はサーバー稼働率が100%のGMOクラウド(ICRUSTA)がお勧めだと思います。。

icrustaの費用対高価について

GMOクラウドのレンタルサーバー、マルチドメイン60個~から対応していますので、複数ホームページを持ちたい方には非常にお勧めなレンタルサーバーと言えます。

月額980円で60サイトというと1ドメインあたり16.3円という破格のレンタルサーバーといえるのではないでしょうか?   また、共有sslが標準装備されているためセキュリティー面も安心できると思います。

GMOクラウド株式会社(従業員数 (連結子会社含む) 社員413名(平成23年12月31日現在)アバイト38名(平成23年12月31日現在) 本金 9億1,007万円 (平成23年12月31日現在)東京証券取引所に上場

 

>>GMOクラウド7日間無料体験はこちら

GMOクラウドでワードプレスを導入の実用性を評価

ワードプレスは無料で利用できるCMS(ブログ構築システム)ですね。
GMOクラウドサーバーではワードプレス(Wordpress)が標準インストールできますので簡単にブログ型のホームページをつくることができます。
ただ、ワードプレスをインストールして使うには、設定が必要です。ここでは現役のWEBデザイナーGMOクラウドサーバーの現状及びワードプレスを利用する時の注意点をご紹介致しますね。

GMOクラウドサーバーのSLA品質保証の実情

GMOクラウド(アイル)のレンタルサーバーはSLAというサーバーの品質を保証する保証制度が標準装備されています。

具体的に品質保証とは、障害などでサーバーが停止した場合、その時間分だけ返金しますよ!という保証です。

一見すると保証までつけているサーバーだから安心と思う方もいると思いますが、現状は果たしてどうなのでしょうか?

GMOクラウドサーバー導入者がGMOクラウドサーバーのSLAについて徹底検証致します。
GMOクラウド(アイル)のレンタルサーバを5年以上導入していますが、SLAを導入するだけあってサーバー障害や回線が途切れているのを見たことがありません。
SLAは加入数の少ない会社なら返金額もわずかな金額の為さほど問題にはなりませんが、GMOクラウドのように加入者が多くなると1回サーバー障害が落ちただけでかなりの損失額がでます。
サーバー100%の稼働率を売りにしていますので、相当なジ氏いんがあるのではないでしょうか?

GMOクラウド(旧アイル)サーバーとワードプレス設置の現状

GMOクラウドサーバーにはワードプレスをが標準装備されていますので、1サイトと言わず複数のワードプレス型ホームページを作りたい方に向いているいます。
月額980円でMySQLが30個まで利用できますので、1サイトあたり33円程度ですので非常にリーズナブルなサーバーいった印象です。
ビジネス・法人向けレンタルサーバーとしては、かなり安い部類にはいるのではないでしょうか?
また、ワードプレスはMySQLというサーバー設定が必要です。
GMOクラウドは、ワードプレスを設定するのが難しくはありませんので、サーバー設定初心者でも安心して導入できると思います。
GMOクラウドはワードプレスが標準装備されていますが、設置するサーバーによってホームページの運用体制は変わってきます。
GMOクラウドサーバーでワードプレスを設置運用した感想としては、表示速度・インストール方法・サポートともに充実しているサーバーだと思います。

GMOクラウドサーバーでECCUBEを利用時の注意点

GMOクラウド(アイル)レンタルサーバは、ECCUBEが使えるレンタルサーバとしても有名ですよね。

ECCUBEは無料で利用できる高機能なショッピングカートシステムなため、様々なサーバーで導入、インストールされて使われています。

ここでは、GMOクラウドサーバーでECCUBEを設置しやすいか?重くないか?表示は遅いのか?早いのか?など

ECCUBEの設置状態を現役WEBデザイナーが検証しますね。

独自sslを導入をしないとECCUBEは利用できない

GMOクラウドのレンタルサーバー、マルチドメイン60個~から対応していますので、複数ホームページを持ちたい方には非常にお勧めなレンタルサーバーと言えます。

EC-CUBEではInfinito PLUSに標準搭載されている共用SSLを利用することはできません。

つまりそのままは導入するこはdけいないのです。個人情報などの大切なデータを暗号化通信するには「クイック認証SSL」の導入(年額29925円)が必要です。   無料のショッピングカートですが、セキュリティー対策としては必要経費としてカウントする必要があるかもしれません。

GMOクラウド(アイル)SSLを徹底検証・評価

GMOクラウドのレンタルサーバは共有SSLが標準装備されているレンタルサーバーです。

sslは個人情報保護に有効な機能ですが、各サーバー会社によって仕様、導入方法が異なります。

GMOクラウドサーバー導入者がきSSLについて徹底検証致します。

GMOクラウド(旧アイル)sslの現状評価

GMOクラウドのレンタルサーバは共有SSLが標準装備されていますよね。

GMOクラウドは法人向けサーバーのようですが、商用・ビジネス向けのサーバーなら共有SSLがついているのが標準的かもしれません。

GMOクラウドサーバーを数年つかっているユーザーからすると、サーバー品質保証はあるし、電話サポート、表示速度、共有sslがついていて月額980円はかなりお得なサーバーだと思います。

特に表示速度に関しては、かなりクオリティーが高くECCUBEなど重たいカートを利用して
も問題なく表示されるので、ネットショップを開設したい方に向いているレンタルサーバーだと思います。

また、GMOクラウドサーバーでは、共有sslが無料でつかえますが、別途オプションをつければ認証マークが設置、取得できるのが便利ですね。

認証マークとは、その会社が信用できるかどうかをしめした証明書で、ユーザーに信用性をPRできます。

このしくみはサーバ自体の機能なため、認証マークをつけたいと思っている方は最初から認証マークが取得可能なレンタルサーバを選ぶべきではないでしょうか。

GMOクラウドでメイクショプを申込む時に気をつけるべきこと

GMOクラウド(アイルレンタルサーバー)はMakeshopがオプションで申し込めるレンタルサーバーです。

具体的には、メイクショップはサーバー付のショッピングカートシステムのため、ネットショップ構築だけならGMOサーバーは不要です。

メイクショップは国内最大級の加入店舗を誇るショッピングカートシステムです。

カラミーショップ、

ショップサーブ、

ネットショップオーナー

よりも有名媒体との提携の数が多く、業界で最も機能が豊富なカートシステムです。

メイクショップ公式ホームページによると、サーバーにインストール不要でメイクショップさえ契約すれば、レンタルサーバーも標準装備されているため別途サーバー契約も必要ありません。

もしGMOクラウドでショップを運営しようと考えられる方は、 メイクショップ(Makeshop) のみ契約すれば、GMOクラウドサーバーの契約は不要ですのでご注意ください。。

GMOクラウドでSmartReserve導入の実用性を検証

GMOクラウド(旧アイルサーバー)ではSmartReserve(予約システム)がインストール可能です。

SmartReserve は予約システムとして有名なソフトウェアですがサーバーからインストールするだけで簡単に予約システムを使うことができます。

SmartReserveをはホームページ上から簡単に予約を取ることができるシステムです。

GMOクラウドサーバー公式ホームページによると、初期費用10500円、月額5250円から利用できるようです。

予約システムは自分で開発するとかなりの金額が必要となりますが、初期費用、月額費用が若干かかるとはいえ、低コストで利用できるのは非常にありがたいことですね。

SmartReserveならインストールがいたって簡単ですですので非常にお勧めの予約システムです。。

管理画面から申し込むと、http://reserve.お客さまのドメイン名/ の形で利用できるようです。

また、URLが発行されるため使い勝手てきにも非常にすぐれていると思います。

GMOクラウドでMobileWeb導入の実用性の検証評価

MobileWEBは非常に優れたソフトウェアです。

日本のネット市場では、携帯電話でインターネットに接続するとパソコンサイト・携帯専用サイトどちらを表示させるかは携帯端末によって異なっています。

携帯サイトは、普通のホームページを縮小したサイズです。

携帯は携帯専用のホームページをつくることが多いのですが、このMobileWebがあれば、パソコンサイトも携帯で見た時に自動収縮がかかるソフトウェアです。。

1サイト制作しておけば、自動収縮ががかるなんで嬉しい機能です。

また初期費用、月額費用が0円で利用できるのも導入するメリットのひとつになりますね。

機能は非常にすぐれていて、携帯サイトでホームページがどのように表示されるのか?を管理画面上から視覚的に確認することができます。

サイトプレビュー機能を利用すれば、入力した情報が企業サイトに反映される様子を管理画面上で閲覧できるので便利です。

しかも、docomo/au/SoftBankの主要キャリアの仕様にそれぞれ合わせて表示されるので、各キャリアに合わせたホームページの改修もおこなうことができます。

GMOクラウドでム―バブルタイプを導入の実用性

ム―バブルタイプは個人としては無料で利用できるCMS(ブログ構築システム)ですね。

GMOクラウドサーバーではム―バブルタイプ(MovavleType)が標準インストールできますので簡単にブログ型のホームページをつくることができます。

GMOクラウドサーバーには ム―バブルタイプが標準装備されていますので、1サイトと言わず複数の ム―バブルタイプ 型ホームページを作りたい方に向いているサーバーです。

月額980円でMySQLが30個まで利用できますので、1サイトあたり33円程度ですので非常にリーズナブルなサーバーいった印象です。

ビジネス・法人向けレンタルサーバーとしては、かなり安い部類にはいるのではないでしょうか?

ム―バブルタイプはMySQLというサーバー設定が必要ですが、GMOクラウドは、 ム―バブルタイプを設定するのが難しくなく、ボタン一つでインストールすることができます。

サーバー設定初心者でも安心して導入できると思います。

ム―バブルタイプは国内のほとんどのサーバー会社で導入・インストールされていますが、サーバーによってインストールをすべて自立でおこなわなければならないサーバーもあります。

GMOクラウドサーバーで ム―バブルタイプ を設置運用した感想としては、表示速度・インストール方法・サポートともに充実しているサーバーだと思います。

GMOクラウドでブログ構築システムBizlog導入する実用性を評価

GMOクラウドサーバーでは、ブログ構築システムBIzLOGが標準装備されています。

BIzLOGはあまり馴染みが無い方も多いかと思いますが、独自のブログ構築システムでワードプレス・ム―バブルタイプよりも小型の軽量ブログです。

GMOクラウドのレンタルサーバーはBIzlogが標準インストールが可能です。

料金は初期費用1050円、月額2100円のようです。

Bizlogの導入メリットは、サーバー内で構築するブログシステムのため、サーバー会社が広告を入れたり、制限を掛けたりすることが一切ありません。

最初は無料ブログでもいいと思いますが、ゆくゆくは自社ブログに切り替える必要があると思います。

GMOクラウドサーバー申し込み後、管理画面よりビズログのオプションを申し込むとhttp://blog.お客さまのドメイン名/にてBIzlogが利用できるようになります。

GMOクラウドサーバーのダビンチカート評価と比較

GMOクラウドサーバーは稼働率100%を保証した国内唯一のレンタルサーバーです。

主に法人向け、ネットショップ向けのレンタルサーバーです。

そのため、GMOクラウドサーバーを借りて自社のネットショップを開設する企業が増えているのが事実です。
GMOクラウドサーバーはダビンチカートと非常にに相性のよいレンタルサーバーと言われています。

ダビンチカート公式ホームページによると、GMOクラウドサーバーはダチンチカートの設置確認が取れているサーバーに位置づけられています。

ダビンチカートは独自のCGIプログラムで動くためできれば開発企業が設置確認をとったレンタルサーバーの方が安心できます。

その点をかんがえると、他の法人向けレンタルサーバーや格安サーバーでなく100%の稼働率を保証したGMOクラウドサーバーがてきしているのかもしれません。

ネットショップオーナー導入する実用性を評価

GMOクラウドは稼働率100%を誇るレンタルサーバーです。

一般的なレンタルサーバーは稼働率が99%台ですが、稼働率100%を保証しているのはGMOクラウドのみです。

GMOは稼働率が高いためネットショップなどホームページの表示が売り上げに左右するサーバーに向いています。

ネットショップオーナーは、ダビンチカート、シーエスカートとならび自分でネットショップを作成できる人気のソフトウェアです。

自分でネットショップ開業に必要なシステムを整えると数百万円のお金が必要ですが、ネットショップオーナーなら25,600円で導入できるため、非常にリーズナブルなネットショップ構築システムだと思います。

GMOクラウドサーバーはネットショップオーナーが公式に動画確認を認めているレンタルサーバーです。

動作確認とは、ネットショップオーナーを起動させる上で重要なGGIというプログラムの動作確認が取れている意味ですが、このCGIの機能はサーバー会社によって許可するしないが決められているため、ネットショップオーナーを導入する時は注意が必要が要素です。

昔と違い、2013年現在はほとんどのレンタルサーバーでCGIの許可は出していますが、やはりネットショップオーナーが公式に動作確認を取れている点ではGMOクラウドは安心できるレンタルサーバーと言えます。

GMOクラウドは100%の稼働率を保証したレンタルサーバーですので、ネットショップ作成には適しているサーバーだと言えます。


2020年05月度国内サーバーランキング

【第1位】エックスサーバー


*
無制限のマルチドメインサーバー/初期費用3150円 月額1260円~
国内契約者数2位/累計9.7万人(公式HPより)

【支持される理由】 初心者向き、実践向きのサーバー。管理画面が分かりやすく、マニュアルなしで各種設定が可能。
>>>>エックスサーバーお試し10日間はこちら

【第2位】お名前ドットコム


*
国内最高峰の機能を兼ね備えたサーバー/初期費用945円 月額1334円~
独自ドメイン、容量、MT,WDなどスペックを重視したサーバー

【支持される理由】 ・サーバー選びで失敗したくない人向け。1台あれば不足な点がないほど機能が充実。他社を研究しつくした国内最高峰のサーバー。様々なことに十分対応可。業界唯一24時間365日電話サポート。

>>お名前.COMサーバー詳細はこちら

【第3位】ワダックス


法人向け、サポート重視のサーバー/初期費用30000円 月額1,995円円~
朝10時~、夜22時迄、電話サポート(フリーダイヤル)

【支持される理由】 「Noと言わないサポート」が売りのサーバーで、ネットに弱くてもスタッフが丁寧に教えてくれる。ホームページ制作会社から圧倒的な支持を集めるサーバー。大容量、平均稼働率99.99%・共有ssl付・充実したスペック

>>ワダックス口コミと評判

【第4位】ヘテムル


デザイン・機能性重視のレンタルサーバー/初期費用3,950円 月額1,500円~
加入者数3位2,6万人(公式HPより)

【支持される理由】 品質を重視したい方向け。管理画面が使いやすくデザインセンス溢れる綺麗なサーバー。クリエイターから圧倒的に支持されるサーバー。大容量、セキュリティー対策、ワードプレス、ムーバブルタイプ、Eccubeなどが瞬時にインストールできます。

>>ヘテムル口コミと評判

【第5位】ロリポップ


*
格安マルチドメインサーバー/初期費用1,575円 月額105円~
国内契約者数1位/累計110万人(公式HPより)

【支持される理由】 月額105円~から導入できる日本屈指の格安レンタルサーバー。価格を重視したい方向け。

>>ロリポップ口コミと評判

関連記事

Add a Comment