【サーバー比較】ロリポップとGMOクラウドサーバーの導入基準

ロリポップとGMOクラウドサーバー比較

  ロリポップサーバー  GMOクラウド
種類 マルチドメイン マルチドメイン
主要プラン コロリポ/ロリポ/チカッパ ミニ/レビュラー
料金比較
初期費用
(年間払)
1575円(共通) 5250円
月額
(年間払い)
105円/263円/525円 980円/1480円
無料期間 10日間 7日間
スペック比較
ドメイン設置
可能数
20個/50個/100個 60個/90個/
MovableType
設置最大数

0個/1個/30個

簡単インストール

30個/60個

簡単インストール

WordPress
設置最大数

0個/1個/30個

簡単インストール

30個/60個簡単インストール
メール
アドレス
独自ドメイン1個につき10個/無制限/無制限 無制限
バックアップ体制 定期的なバックアップ
(具体的な表現なし)
7日間
自動バックアップ
SLA
表示品質保証
特に記載なし 100%保証
 

ロリポップは、導入者110万人を超える国内最大級の高スペックレンタルサーバーです。

GMOクラウドは、稼働率100%を誇る国内有数の高品質レンタルサーバーとして有名です。

ここでは、ロリポップ各プラン(コロリポ・ロリポ・チカッパ)の全プランとGMOクラウドのサーバー比較について徹底検証致します。

ホームページ作成初心者ならロリポップがお勧め

 

 

 

ロリポップ各プランとGMOクラウドサーバーを比較したときに、ホームページ作成初心者にお勧めなのはやはりロリポップといえます。

GMOクラウドサーバーはもともとアイルというレンタルサーバー会社でしたが、GMOインターネットに買収されて現在に至ります。

アイルという社名の時から、icrustaは評判がよく人気のレンタルサーバーでした。

現在のicrustaも品質はさほど変化がないようにみえますが、ホームページ作成初心者に必要な機能は限られているためGMOクラウドサーバーを利用しても生かせないと思います。

 

>>ロリポップサーバー詳細はこちら


ネットショップ・ポータルサイトなどコンテンツ重視はGMOクラウドサーバー

 

 

 

GMOクラウドサーバーは落ちないサーバーが売りです。

稼働率が100%と記載されていますが、実際は他社サーバーでサーバーが落ちることはほとんどありません。

それを考えると、GMOクラウドサーバーを導入するメリットはコンテンツ重視したホームページを作りたい方だと思います。

コンテンツが充実してくればくるほどホームページの表示速度は遅くなります。

そのため、サーバーが落ちる=売上損の可能性があるネットショップや複数のユーザーが使うポータルサイト運営にはGMOクラウドサーバーが向いていると思います。

 

  >>GMOクラウドサーバー詳細はこちら

2017年8月度申し込みランキング

ここでは、2017年8月1日から8月31日までに申し込みがあったらレンタルサーバーのランキングをご紹介します。

【第1位】エックスサーバー

無制限のマルチドメインサーバー /初期費用3150円 月額1260円~
国内契約者数2位/累計9.7万人(公式HPより)

【支持される理由】
初心者向き、実践向きのサーバー。管理画面が分かりやすく、マニュアルなしで各種設定が可能。
1契約で無制限に独自ドメインを設定できるため、ランニングコスト、使い勝手、電話サポート。
ホームページデーターを自動バックアップ(7日前まで)体制など1台借りとけば困ることはまずない点が支持される理由

>エックスサーバー口コミと評判を確認


関連記事

Add a Comment