GMOクラウド(アイル)でワードプレスを導入検証と評価

GMOクラウドでワードプレスを導入の実用性を評価

 

 

 

>>GMOクラウドサーバー詳細はこちら

 

ワードプレスは無料で利用できるCMS(ブログ構築システム)ですね。

GMOクラウドサーバーではワードプレス(Wordpress)が標準インストールできますので簡単にブログ型のホームページをつくることができます。

ただ、ワードプレスをインストールして使うには、設定が必要です。ここでは現役のWEBデザイナーGMOクラウドサーバーの現状及びワードプレスを利用する時の注意点をご紹介致しますね。

GMOクラウドサーバーのSLA品質保証の実情

GMOクラウド(アイル)のレンタルサーバを5年以上導入していますが、SLAを導入するだけあってサーバー障害や回線が途切れているのを見たことがありません。

SLAは加入数の少ない会社なら返金額もわずかな金額の為さほど問題にはなりませんが、GMOクラウドのように加入者が多くなると1回サーバー障害が落ちただけでかなりの損失額がでます。

サーバー100%の稼働率を売りにしていますので、相当なジ氏いんがあるのではないでしょうか?

GMOクラウド(旧アイル)サーバーとワードプレス設置の現状

GMOクラウドサーバーにはワードプレスをが標準装備されていますので、1サイトと言わず複数のワードプレス型ホームページを作りたい方に向いているいます。

月額980円でMySQLが30個まで利用できますので、1サイトあたり33円程度ですので非常にリーズナブルなサーバーいった印象です。

ビジネス・法人向けレンタルサーバーとしては、かなり安い部類にはいるのではないでしょうか?

また、ワードプレスはMySQLというサーバー設定が必要です。

GMOクラウドは、ワードプレスを設定するのが難しくはありませんので、サーバー設定初心者でも安心して導入できると思います。

GMOクラウドはワードプレスが標準装備されていますが、設置するサーバーによってホームページの運用体制は変わってきます。

GMOクラウドサーバーでワードプレスを設置運用した感想としては、表示速度・インストール方法・サポートともに充実しているサーバーだと思います。

 

>>GMOクラウドサーバー7日無料体験はこちら

2017年8月度申し込みランキング

ここでは、2017年8月1日から8月31日までに申し込みがあったらレンタルサーバーのランキングをご紹介します。

【第1位】エックスサーバー

無制限のマルチドメインサーバー /初期費用3150円 月額1260円~
国内契約者数2位/累計9.7万人(公式HPより)

【支持される理由】
初心者向き、実践向きのサーバー。管理画面が分かりやすく、マニュアルなしで各種設定が可能。
1契約で無制限に独自ドメインを設定できるため、ランニングコスト、使い勝手、電話サポート。
ホームページデーターを自動バックアップ(7日前まで)体制など1台借りとけば困ることはまずない点が支持される理由

>エックスサーバー口コミと評判を確認


関連記事

Add a Comment