ホームページ作成において重要なこと

昔はホームぺージと言えば、「自分でhtmlタグやCSSファイルを作成し、ファイルをサーバーにアップする。」という方法が主流でしたが、今はそれ以外にもさまざまな方法があります。

①ホームページ制作ソフトを利用する。
②WEB上に公開されているテンプレートを使用する。
③ホームページ制作の代行業者に依頼する。
④ブログをホームページとして使用する。
など、自分で一からコーディングを行わなくても、手軽に簡単に早くホームページを作ることが可能となりました。

個人サイトはブログをサイトとして使っていることが多くなり、
企業などは代行業者に依頼している所が多くなったのではないでしょうか?

「もう一から作らなくていい時代に入った。」と言ってもいいでしょう。

しかし、ここで注意したいのは、
「ならもうhtmlやCSSの知識は学ばなくても大丈夫なのでは?」
と思ってしまうところです。
この考えは、半分は合っていますが、半分は間違っています。
その理由をご説明致します。

htmlやCSSを学ばなくてもホームページは作れます。運営も出来ます。
しかし、ホームページに何か問題が起きた場合、どうなるでしょうか?
ホームページの細かいところを修正したい場合、どうなるでしょうか?

自分では対処出来ない。

そういった状態にはならないでしょうか?

私の経験から言いますと、ホームページを運営すると、何かしら不具合や問題がいくつかは起きます。なぜなら人間が作っているものだから、100%不具合や問題が起きないなんてのは無理なのです。

「そうなった場合、どう対処しますか?」
というお話です。
ホームページ制作では、ここが重要で、ここを考えて欲しいのです。
私からは以上です。

2017年8月度申し込みランキング

ここでは、2017年8月1日から8月31日までに申し込みがあったらレンタルサーバーのランキングをご紹介します。

【第1位】エックスサーバー

無制限のマルチドメインサーバー /初期費用3150円 月額1260円~
国内契約者数2位/累計9.7万人(公式HPより)

【支持される理由】
初心者向き、実践向きのサーバー。管理画面が分かりやすく、マニュアルなしで各種設定が可能。
1契約で無制限に独自ドメインを設定できるため、ランニングコスト、使い勝手、電話サポート。
ホームページデーターを自動バックアップ(7日前まで)体制など1台借りとけば困ることはまずない点が支持される理由

>エックスサーバー口コミと評判を確認


関連記事

Add a Comment