お名前ドットコムのドメイン取得について

4月末日に起こったあるトラブルについて、お名前ドットコムは他社とは異なる対応をとりました。
メリットもデメリットもある対応でしたので、両面をご紹介します。

■トラブルの概要
お名前ドットコムでは、ドメイン関連のサービスも提供しています。
Whois情報公開代行サービスもそのひとつです。
このサービスを使うと、本来なら公開が求められる担当者の氏名や連絡先を
隠したまま独自ドメインを使うことができます。

但し、.inドメインではWhois代行は禁止です。にも関わらず
お名前ドットコム他数社は代行サービスを提供してきました。これまでは
黙認状態でしたが、4月末日、.inドメインは強制措置を断行。
本来のWhois情報を公開していないドメインに利用制限をかけ、
サイトが表示できないようにしてしまったのです。

■各社の対応
お名前ドットコムは、所有者に無断でその情報をWhoisに公開しました。
その上で.inドメインに利用制限解除を依頼しています。
他社は、所有者自身の手でWhois情報を変更することを推奨し、
自身の情報を公開した場合のみ利用制限解除を依頼するとしました。

■メリット
他社に比べて若干早く、利用制限が解除されるかも知れません。

■デメリット
隠したかった情報を勝手に世界中に公開されてしまったこと。
また、その際「公開され続けるくらいなら」とドメインを停止する事も
すぐにはできないなど対応の遅れがあったこと。

■最後に
これは既に起こってしまったことで、今はもう.inドメインで
情報公開代行サービスは受け付けていませんから、全く同じ事件は
今後起こりません。ただ、お名前ドットコムがとった対応の
メリットデメリットを踏まえて選んで頂ければと思います。

2017年8月度申し込みランキング

ここでは、2017年8月1日から8月31日までに申し込みがあったらレンタルサーバーのランキングをご紹介します。

【第1位】エックスサーバー

無制限のマルチドメインサーバー /初期費用3150円 月額1260円~
国内契約者数2位/累計9.7万人(公式HPより)

【支持される理由】
初心者向き、実践向きのサーバー。管理画面が分かりやすく、マニュアルなしで各種設定が可能。
1契約で無制限に独自ドメインを設定できるため、ランニングコスト、使い勝手、電話サポート。
ホームページデーターを自動バックアップ(7日前まで)体制など1台借りとけば困ることはまずない点が支持される理由

>エックスサーバー口コミと評判を確認


関連記事

Add a Comment