人気ホスティングサーバーの口コミ・評判検証サイト。あなたに最適なホームページ・ネットショップに適したサーバーは?

レンタルサーバーおすすめ比較ランキング2021

検証したサーバー

【最終結論】スピーバーサーバーの実用性の検証と最終評価

更新日:

スピーバーサーバーの実用性の最終評価

 

 

 

>>スピーバーSpeeverサーバー詳細はこちら

 

スピーバーのレンタルサーバーの運営会社 ライド株式会社( 〒102-0082 京都千代田区一番町5 アトラスビル3F 代表TEL: 03-3237-1173 ) 。

スピーバーのサーバーは、公式ホームページから分析すると、法人ビジネスに特化したレンタルサーバーのようですね。

ビジネス・法人向けレンタルサーバーとは、サポートを重視(電話対応)し、スペック、表示速度、キュリティーや安定性、など予め高品質な機能を充実させているサーバーと言えます。

スピーバーサーバーの場合、SEO対策ツール、ホームページ作成ツールなど実用的なツールが揃っているようです.

スピーバーは表示速度がが売りのレンタルサーバー

スピーバーのサーバーは品質保証制度(SLA)を導入しております。

品質保証制度とは、サーバーが障害等で停止・ダウンしてしまった時、停止した時間を課金の対象とし、サーバー料金から一定の割合でお値引きするという制度です。

ネット上の口コミでサーバーが落ちたり、止まったりしてこまっている方がいますが、SLAサーバーであれば、品質に自信がなければできませんので非常に有望なレンタルサーバーと言えます。

SLAを導入しているサーバーは、スピーバーだけではなく、GMOクラウド(旧アイル)を同じSLA(速度保障)を導入しています。

スペック的にはほぼ同様ですが、スピーバーの方がビジネス向けに特化したレンタルサーバーといった感じだと思います。

サーバーの容量とサポート体制について

客を見栄えをよくするために100GBと書いてありますが、実際はほとんどのホームページでこれだけの容量はつかいません。

スピーバーのサーバーはシングルドメインプラン(1サーバーにつき1ドメインのみ設置可能)ドメインは1ドメインしか設置できませんので   容量の心配をする必要はありません。

もし1つのサーバで複数のホームページを開設したい方は、Xサーバーなどのマルチドメインサーバをお勧め致します。

スピーバーのレンタルサーバーは法人・ビジネス向けレンタルサーバーのため、フリーダイヤルによる電話サポートが標準装備されています。

利用者からみれば、電話料金がかからないのは非常に魅力的に見えますね。

また、公式ホームページによると、98.5%のお客様はいただいたお電話に即座に対応してくれているそうです。

スピーバーレンタルサーバーの検証と評価

SLA保証やビジネス向けツールが充実しているスピーバーサーバーですが、公式ホームページによると電話サポートの繋がる率が98.5%だそうです。

法人向け・ビジネス向けレンタルサーバーでサポートを売りにしている会社が幾つかありますが、実際のサポート体制はどうなのでしょうか?

スピーバーのサポート体制の検証と評価

法人向けレンタルサーバーは電話サポートは標準装備されているプランが多いようですね。

個人と法人向けのサーバーの明確な基準はありません。

一般的には

・月額1000円~2000円程度

・容量1GB以上

・サーバー初期設定付

・様々なオープンソースアプリケーション(ワードプレス、ム―バブルタイプ)が簡単にインストールできること、

・電話サポート

が法人向けレンタルサーバーの基準かもしれません。

スピーバーの公式ホームページによると電話サポートにつながる率が98%となると日本でも有数なサポートがしっかりしたレンタルサーバーのようです。

サポートを売りにしているサーバーはワダックスになりますが、加入者が多いせいかつながらないケースもでてきています。

その点、スピーバーのレンタルサーバーは90%以上繋がるとなれば法人としては安心して導入ができますね。

スピーバーサーバーセキュリティー体制評価

スピーバーレンタルサーバはセキュリティー体制がしっかりとしているといった印象があります。

公式ホームページによるIDS/IPSが標準装備されているようです。。

IDS/IPSとは、不正アクセスしてきたウイルスを検知し、遮断するサービスです。

このシステムにより1日2500件、月間75000件以上の攻撃を防御しているようです

ワードプレス・ム―バブルタイプ・ECCUBEを利用したい方は必見

スピーバーのセキュリティーシステムで最も評価できるのはオープンソース系のソフトウェアのセキュリティー対策を講じることができる点です。

オープンソース系のソフトウエア(ワードプレス、ムーバブルタイプ、ECCUBEなど)は、すべて同じプログラムのため管理画面に入室画面が分かってしまうことです。

もちろんセキュリティー対策をしているのですが、できれば管理画面は他人にしられない方がよいに決まっています。 ただ、オープンソースは無料で誰でも使えるためある意味仕方がないことです。

最近では、このオープンソース系のソフトウェアを狙ったウイルスも多くなっています。

このスピーバーは独自のIDS/IPSセキュリティー対策により、ウイルス等を駆除してくれますので、ホームページ運営者にとっては非常にありがたいセキュリティーシステムと言えます。

お客様の個人情報はSSLという暗号化システムで守れますが、ソフト自体は守ることはできません。

顧客情報を取り扱うホームページでは安心のサービスと言えるのではないでしょうか?

スピーバーSLA制度(速度品質保証)について

最近人気急上昇中のレンタルサーバーと言えば、スピーバーレンタルサーバです。

マルチドメイン851円~始められるサーバーが売りのようですが果たしてどのような特徴があるのでしょうか?

スピーバーサーバーSLA(速度品質保証)の評価

スピーバーレンタルサーバーは、データーセンターが充実しているせいかサーバー障害・サポートが充実している印象がありますね。

その保証としてスピーバーでは品質証制度(SLA)を導入しています。

SLA制度とは、サーバーが障害などで停止した場合、停止した時間を月額料金から差し引いてくれるというサービスです。

(月間単位でのサーバー稼働率の割合を計算し、その比率に応じて返金してくれるようです)。

スピーバーは公式ホームページによるとサーバーの稼働率100%を保証していますので、よほど稼働率に自信があるのだと思います。

加入者が多ければ多いほど、サーバーが稼働停止になると損額が大きくなります。

アクセスが多いサイトには非常に適しているサーバーだと思います。

 

>>スピーバーSpeeverサーバー詳細はこちら

-検証したサーバー

Copyright© レンタルサーバーおすすめ比較ランキング2021 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.