ショップサーブの代引き決済導入方法

郵便局でも代引き発想は利用できて、一つの依頼に月一度の支払いになりますから、手数料がかさむことになります。

そして決済のウエイトの問題では銀行振り込みや郵便振替が多いといったことがあれば、郵便局の代引きでも問題ないのですが、インターネットビジネスでは代引きやクレジットカードは必須と言えます。

そして出来れば運送会社と契約してみてください。そしてクレジットカードの時には、ショップサーブには最初からクレジットカード決済が附属されていて、新しく契約を結ぶといった必要性がないので、売り上げに対して手数料こそとられるのですが、ごく僅かなものだといったことや、年間維持費も必要ないので、ぜひ利用して見ましょう。

そしてクレジットカードが既にサービス内に含まれているといったことがショップサーブの最大の特徴の一つにんっていて、面倒である手続きが必要なくて、すぐに利用できるといったことがありますから、これからも利用するような利用者が多いです。

 

ショップサーブの基本的な利用方法には。ショップ情報を入れるところから始めてください。

そしてすでにネットショップ運営のノウハウがあるような方はスムーズに完成できるようになっています。

そして、初めてネットショップを運営して何を入れればいいの変わらないようなことがあれば、とりあえずお店の情報のわかるような範囲内だけでも入力しても問題ないでしょう。そして、ある程度のショップ情報を埋められれば、次はショップレイアウトを決めていきますが、ショップレイアウトに関してのものはテンプレートが紫字のデザイン設定や、フリーエリアがレイアウト配置に関するものであればオレンジのページ編集になっています。

そしてそれぞれ交互に編集を勧めるといったことになりますから、何度も往復することになってくるでしょう。そして、まずはデザイン設定を選んで、基本テンプレートを決定していきましょう。そして開いてみれば、色々なテンプレートが表示されて、100種類以上ありますから、好みのレイアウトを選んでみて画像をクリックしましょう。

 

テンプレートを選んで使用するときに2カラムや3カラムなどにするかなどの選択肢が表示されますが、2カラムといったことは左右どちらかにメニュ表示用のスペースがあって、その隣にメイン表示部分のスペースが出来上がるようなタイプのテンプレートなのですが、特にコンテンツが多いような事でもなければ2カラムでもいいでしょう。そして三日ラムは画面両端にそれぞれメニュー表示があって、中央にメインHY捧持部分のスペースができて、コンテンツ量が大河て、2カラムでは収まり切れないぐらいならばこれを利用してみましょう。

 

そしてテンプレートの設定ができると、ひとまずはショップ表示は可能であり、これから見た目をカスタマイズしていくことになりますが、最も難しいような部分です。そして、最後に一通りの設定ができれば、ショップサーブでは大事な作業があって、ショップの更新で、トップ画面を除いた管理画面左上部に必ず付いているようなボタンを押してみれば、これまで編集が反映されるようになっています。

2017年8月度申し込みランキング

ここでは、2017年8月1日から8月31日までに申し込みがあったらレンタルサーバーのランキングをご紹介します。

【第1位】エックスサーバー

無制限のマルチドメインサーバー /初期費用3150円 月額1260円~
国内契約者数2位/累計9.7万人(公式HPより)

【支持される理由】
初心者向き、実践向きのサーバー。管理画面が分かりやすく、マニュアルなしで各種設定が可能。
1契約で無制限に独自ドメインを設定できるため、ランニングコスト、使い勝手、電話サポート。
ホームページデーターを自動バックアップ(7日前まで)体制など1台借りとけば困ることはまずない点が支持される理由

>エックスサーバー口コミと評判を確認


関連記事

Add a Comment