ショップサーブの編集について

ショップサーブはとても使い勝手がいいシステムなのですが、更新が簡単にできるといったことや、店長ブログと連動させられるといった事や自作HTMLやCSSのアップロードや画面や商品の一括登録をするようなことができるなど盛りだくさんな内容になっていますが、しいて言えば一つだけ欠点があり、特にHTML編集になれた方にとっては厄介なことがあります。

そして実はショップサーブで基本テンプレートのHTMLはほとんど編集ができないのです。そして詳細にHTMLを編集して行くときには、管理画面上部の紫色のボタンのデザイン設定よりヘッダとSEOの設定から、HTMLヘッダの設定および共通レイアウトで、すべてのページが適用されている部分のヘッダとフッタのHTML入力欄にて編集するといったことができますが、W3CにのっとったきれいなHTMLはほとんど不可能になっているのです。そしてその理由は、ショップサーブで用意されているようなテンプレートのほとんどはテーブルタグで制御されているのです。
ショップサーブはヘッダ部分と振った部分とサイドコンテンツ部分とメイン表示部分がそれぞれ独立していますから、すべてのレイアウトに対してCSSの適用が困難な使用となります。

そしてそれぞれの部位に合わせてみて、指定するといったことが大事ですが、HTML編集になれているような方はとても厄介な指定が入っています。そして特にHTML側にインラインです足りる指定が組み込まれているようなことがあれば、もう手出しするといったことができません。

そしてHTML編集が一部編集可能な場所では、ヘッダや振ったおよびメイン表示部分とサイドコンテンツにおけるフリーエリアだけなのです。そして、商品紹介ページなどもほとんどレイアウト変更ができなくて、ショップサーブ側から、提供されるような基本レイアウトの中から選んで、あとは少し変更して行くような程度でしか編集を行えませんから、テンプレートを大幅に改造していくといったことはとても難しいしようとなります。

どうしてもデザインにこだわりたいといったことがあれば、多少面倒になって着ますが、自作HTMLで全部作って見て、ショッピングカート内やお問い合わせページのみそしてある程度帳尻合わせのレイアウトにしてみるといったことがあれば、オリジナルショップとして見栄えをカスタマイズしてみるようなことができます。

そして欠点は商品数が相当数にのばっているときには、商品詳細ページは1ページずつ作っていき、ショッピングカート用のタグを埋め込んでみるような必要性がありますから、労力はかなりかかってきます。そして商品数がすくなくて、できる限りオリジナルで勝負をしてみたいといたことがあれば自作HTMLを利用してみるといったことのほうが早いでしょう。

ですが、最初からかなりつくりこまれているようなテンプレートがたくさんあるので、そこまで頑張らなくても見栄えの良いようなショップサイトを作れるといったことがあって、どちらかというと、見た目に関して余計な労力をかけないで簡単な操作によってきれいなものを作れるといったことができるといったことでは、作業効率はとても軽減されているといったことがあります。

 

2017年8月度申し込みランキング

ここでは、2017年8月1日から8月31日までに申し込みがあったらレンタルサーバーのランキングをご紹介します。

【第1位】エックスサーバー

無制限のマルチドメインサーバー /初期費用3150円 月額1260円~
国内契約者数2位/累計9.7万人(公式HPより)

【支持される理由】
初心者向き、実践向きのサーバー。管理画面が分かりやすく、マニュアルなしで各種設定が可能。
1契約で無制限に独自ドメインを設定できるため、ランニングコスト、使い勝手、電話サポート。
ホームページデーターを自動バックアップ(7日前まで)体制など1台借りとけば困ることはまずない点が支持される理由

>エックスサーバー口コミと評判を確認


関連記事

Add a Comment