エックスサーバーから公式に基盤システムを刷新するとの連絡が入ってきました

刷新されるのはsv2001.xserver.jp以降のサーバーであり、それ以前のサーバーに関しては移行ツールを用意するので移行したい人はしてくださいという話のようです。

移行ツールが公開されるまでは個別に対応するので連絡をくださいという話のようです。気になったのでサポートに問い合わせたのですが、現時点ではsv2001.xserver.jp以前のサーバーではもうこれ以上新しいバージョンのPHPやPythonなどが提供される予定はないとの話です。

Perlのバージョンも5.8で止まり、Pythonも3.3.1で止まるわけです。それ以降のバージョンが使いたければ新サーバーに移行してくださいという話なんですね。Xサーバーを使っている人で自作のWEBサービスを運営されている方もいらっしゃるかもしれません。

そうなると気になってくるのが仕様の違いなのですが、一番気になる部分としてはMySQLのバージョンが5.5から5.7に変わる点ではないでしょうか。

仕様の違い、バージョンの違いから新しいサーバーに移行すると動作がおかしくなる可能性というのはゼロではないわけです。

そのため、新サーバーに移行を検討している方はきちんと確認をしてから移行しましょう。

2017年8月度申し込みランキング

ここでは、2017年8月1日から8月31日までに申し込みがあったらレンタルサーバーのランキングをご紹介します。

【第1位】エックスサーバー

無制限のマルチドメインサーバー /初期費用3150円 月額1260円~
国内契約者数2位/累計9.7万人(公式HPより)

【支持される理由】
初心者向き、実践向きのサーバー。管理画面が分かりやすく、マニュアルなしで各種設定が可能。
1契約で無制限に独自ドメインを設定できるため、ランニングコスト、使い勝手、電話サポート。
ホームページデーターを自動バックアップ(7日前まで)体制など1台借りとけば困ることはまずない点が支持される理由

>エックスサーバー口コミと評判を確認


関連記事

Add a Comment