エックスビットサーバーの稼働率を検証・評価と他社比較

エックスビットサーバーの稼働率を徹底検証・評価

 

 

 

>>Xbit(エクスビット)の詳細はこちら

 

エクスビット公式ホームページによると、エックスビットの稼働停止(ホームページが表示されない時間)平均停止時間は80分以下と記載してあります。

サーバーの品質保証を行っているレンタルサーバーはいくつかありますが、レンタルサーバー会社自身が平均停止率を算出している点は非常に好感交換が持てますね。

他社のレンタルサーバーは99.9%にたいし、Xbit(エックスビット)の稼働率は99.9%。約8時間あるそうです。

レンタルサーバーが落ちているかどうかは私達がわかる場合はいいのですが、私達がみていないところで落ちている可能性もあります。

サーバー稼働率で返金制度がととるか(スピーバー・アイル)または、ホームページの航海情報でいえればXbit(エックスビット)を信用すべきか?

私達の判断が問われますね。

他社SLA(品質保証)との違いは?

スピーバー・アイルサーバーはSLA保証を行っています。

SLAとはサーバーが落ちた場合、返金をおこなう制度ですが、実はこの保証はある程度規模(契約台数)が大きなサーバーにならないと信用できません。

なぜなら契約台数が少ないと、サーバー返金額が少ないため、加入者を呼び寄せるパフォーマsンスにしかならないからです。

その点、アイルとスピーバーは契約台数が多いためSLAの体裁となします。

一方エックスビットの稼働率はメーカーが発表しているだけですので今いち信用はできないかもしれません。

 

>>Xbit(エクスビット)の詳細を確認する

2017年8月度申し込みランキング

ここでは、2017年8月1日から8月31日までに申し込みがあったらレンタルサーバーのランキングをご紹介します。

【第1位】エックスサーバー

無制限のマルチドメインサーバー /初期費用3150円 月額1260円~
国内契約者数2位/累計9.7万人(公式HPより)

【支持される理由】
初心者向き、実践向きのサーバー。管理画面が分かりやすく、マニュアルなしで各種設定が可能。
1契約で無制限に独自ドメインを設定できるため、ランニングコスト、使い勝手、電話サポート。
ホームページデーターを自動バックアップ(7日前まで)体制など1台借りとけば困ることはまずない点が支持される理由

>エックスサーバー口コミと評判を確認


関連記事

Add a Comment