【徹底検証】301リダイレクト?どのサーバーがおすすめなの?

>>エックスサーバー詳細はこちら

 

APCはPHPの初回実行時にPHPの内容を最適化した状況でキャッシュしておいて、次回以降同じPHPにアクセスがあった時にキャッシュを利用することによって、PHP実行時のCPU負荷の軽減やPHPの大幅な高速化を測れるようになっています。

そして、サイトのURLが変わった時や特定ページのURLがかわった時にURLの転送設定をすることができますが、xサーバーのコントロールパネルからもしていけます。

そして、このコントロールパネルから転送設定をしてみれば301リダイレクトになり、302リダイレクトをしていく時は、コントロールパネルからすることができませんから注意しましょう。そして、リダイレクトの追加から進み、転送設定するURLの新と旧を対応させて入力していき、追加で設定されたリダイレクトは、リダイレクト一覧に表示されますから、ここでも確認できるのです。

そしてリダイレクトするURLとリダイレクト先をここで設定して、ドメインの中の特定のディレクトリやページを転送するときは、ドメイン名の後ろに続けて指定するのです。

通常指定したページが存在し中たときは、、404 NTOFOUNDページが表示されることがあります。

これはxサーバーのデフフォルトで表示されるエラーページなのですが、見た目にもあまり感じのいいものではなくて、企業サイトやネットショップなど営利を目的のサイトでは機会喪失につながってくるでしょうから、ユーザーのアクセスを無駄にしないようなエラーページとしたほうがいいでしょう。

そしてxサーバーの標準エラーページは何の特徴もないそっけないページとなっていて、このページを自分オリジナルページに置き換えるのです。

そして、404エラーページのほかにもいくつかのエラーページの設定ができるようになって、初期状況ではすべてオフになっているので、使うものだけオンにして利用しましょう。

そして404エラーをオンにしたときはサイトのルートフォルダに404.HTMLといったファイル名の自作404エラーページを置いてみればファイルがないときなどはその404ページが表示されるようになります。

2017年8月度申し込みランキング

ここでは、2017年8月1日から8月31日までに申し込みがあったらレンタルサーバーのランキングをご紹介します。

【第1位】エックスサーバー

無制限のマルチドメインサーバー /初期費用3150円 月額1260円~
国内契約者数2位/累計9.7万人(公式HPより)

【支持される理由】
初心者向き、実践向きのサーバー。管理画面が分かりやすく、マニュアルなしで各種設定が可能。
1契約で無制限に独自ドメインを設定できるため、ランニングコスト、使い勝手、電話サポート。
ホームページデーターを自動バックアップ(7日前まで)体制など1台借りとけば困ることはまずない点が支持される理由

>エックスサーバー口コミと評判を確認


関連記事

Add a Comment