エックスサーバーはデータベースが最大50個使用可能

レンタルサーバー選びにおいて特に重要なのが、データベースの要素です。

そこが特に優れているのがエックスサーバーになります。エックスサーバーはデータベースが本当に多くて、1つの契約をするだけで、最大で50個ほどのホームページやブログが持てることになります。

データベースっていうのは、作成するサイトやブログの単位に該当し、50個のデータベースが持てるということは、それだけの数のサイトやブログを作成できるに等しいのです。

何個持てるか?についてはプランによりますが、1番多いので50個となっています。
今後サービスの変更で増える可能性もありますが、たいていの場合では50個あれば十分という方が多いでしょう。特にWORDPRESSを利用する方も多いのですが、これは複数使いたいという方も多くなっています。

2個以上作成する場合には新規にまた契約をしないといけないと思っている方も一部いるようです。しかし、エックスサーバーの場合にはそんなことはありません。

1つの契約で50個のデータベースが最大使用可能ですから、1人が1つ契約をしてしまえば、使用可能な範囲に限っては、好きなだけWORDPRESSを作成して、そこで運営ができるということになるのです。本当に便利な部分になると思いますから、今後レンタルサーバーを契約するうえで、複数のサイトやブログを運営したいと思っている場合には、1番おすすめなのはエックスサーバーになるのではないでしょうか?

2017年8月度申し込みランキング

ここでは、2017年8月1日から8月31日までに申し込みがあったらレンタルサーバーのランキングをご紹介します。

【第1位】エックスサーバー

無制限のマルチドメインサーバー /初期費用3150円 月額1260円~
国内契約者数2位/累計9.7万人(公式HPより)

【支持される理由】
初心者向き、実践向きのサーバー。管理画面が分かりやすく、マニュアルなしで各種設定が可能。
1契約で無制限に独自ドメインを設定できるため、ランニングコスト、使い勝手、電話サポート。
ホームページデーターを自動バックアップ(7日前まで)体制など1台借りとけば困ることはまずない点が支持される理由

>エックスサーバー口コミと評判を確認


関連記事

Add a Comment