エックスサーバーとファイアバードやミニバードとの比較

>>エックスサーバー詳細はこちら

最近xサーバーは容量を大幅に増やしたり転送量の制限を大幅に緩和してみたり、機能面での改善が頻繁にされています。

そして、そのためもあって、xサーバーでワードプレスサイトを運営する方が増えています。そして今やブログツールというとワードプレスといったことになりますが、少し前はMOVABLETYPEの方が人気があったのです。ですがプラグインなどが豊富でカスタマイズのしやすさなどが受け入れられて、ワードプレスの独り勝ちのよな状況になっています。

そして、攻撃をする側もそうした状況を踏まえて狙っているのでしょうが迷惑な話でしょう。そして似たような対策はファイアバードやミニバードを運営しているネットオウルでもされています。

そして、xサーバーにドメインを設定すると、次はFTPソフトでホームページのデータをアップロードするのですが、FTPをしていくにはFFFTPなどの有名フリーソフトを利用しましょう。そしてホームページ作成ソフトを使っている方はそのソフトについているFTP機能を利用してみましょう。

FTPソフトは持っていないような方はFFFTPがとても使いやすいですからダウンロードして利用してみましょう。

そして、FFFTPソフトでxサーバーにファイルをアップしていく方法はxサーバーの申し込みが完了していればサーバーアカウント設定完了のお知らせが指定したメールアドレス宛に届いているでしょう。

そしてこのメールの中にFTPの情報が書かれているのです。そして、FTPソフトで設定する項目は6個あり、FFFTPの使い方がよく分からないといった方はグーグルやヤフーなどで検索で、FFFTの使い方を調べてみれば多くの解説サイトがヒットしますから、参考にしてみればいいでしょう。

そして、ワードプレスを自動インストール機能を利用して使いたいといったことがあれば、すぐにFTPを使うことはないでしょうが、いずれ必ず必要になりますから、準備してみた方がいいでしょう。そして、ドメインを追加し、あまり時間がたっていないような状況があれば、追加設定したドメインでサイトにアクセスできないことがあります。その時はしばらく時間を空けて再度アクセスしてみればドメイン名でアクセスできるようになっています。

2017年8月度申し込みランキング

ここでは、2017年8月1日から8月31日までに申し込みがあったらレンタルサーバーのランキングをご紹介します。

【第1位】エックスサーバー

無制限のマルチドメインサーバー /初期費用3150円 月額1260円~
国内契約者数2位/累計9.7万人(公式HPより)

【支持される理由】
初心者向き、実践向きのサーバー。管理画面が分かりやすく、マニュアルなしで各種設定が可能。
1契約で無制限に独自ドメインを設定できるため、ランニングコスト、使い勝手、電話サポート。
ホームページデーターを自動バックアップ(7日前まで)体制など1台借りとけば困ることはまずない点が支持される理由

>エックスサーバー口コミと評判を確認


関連記事

Add a Comment