比較サイトや個人ブログなどで上位に名前のあがっていたエックスサーバーへ乗り換えました。

当初は個人サイトの運営のためにさくらサーバーを利用していましたが、コントロールパネルの見にくさや、WordPressとの相性にじゃっかんの不満があったため、変更を検討しました。
インターネットでWordPressを導入することを前提としたサーバー契約について調べ、比較サイトや個人ブログなどで上位に名前のあがっていたエックスサーバーへ乗り換えました。
まず嬉しかったのは、新規契約の場合、ドメイン無料キャンペーンを行っていたことです。独自ドメイン取得のために別途費用が発生することを想定していましたが、それが浮くことになり、しかもドメイン取得や浸透の手続きも必要なく、取得したいドメイン名で申し込むだけで設定が完了するのでスムーズに開通することができました。
さらにはキャンペーン中に契約したドメインについては更新費もかからないとのことで、ここまでサービスしてくれて大丈夫なのかと心配になるくらいでした。
キャンペーン期間が終わってしばらくしたあとまたエックスサーバーのHPを閲覧したところ、SSL無料などほかのキャンペーンも行われていたので、必要に合わせたキャンペーン期間を狙って契約するのがよいと思います。
さくらサーバーを利用していた時に感じていたコントロールパネルのビジュアルについても、すっきりとしたデザインできちんと項目分けがされていたため、導線に迷うことなく扱えています。
WordPressとの相性も良く、導入からサイト構築、FTPの設定まですべてストレスフリーで作業することができました。
今後新たにサーバー契約をする際もエックスサーバーを使うつもりです。

2017年8月度申し込みランキング

ここでは、2017年8月1日から8月31日までに申し込みがあったらレンタルサーバーのランキングをご紹介します。

【第1位】エックスサーバー

無制限のマルチドメインサーバー /初期費用3150円 月額1260円~
国内契約者数2位/累計9.7万人(公式HPより)

【支持される理由】
初心者向き、実践向きのサーバー。管理画面が分かりやすく、マニュアルなしで各種設定が可能。
1契約で無制限に独自ドメインを設定できるため、ランニングコスト、使い勝手、電話サポート。
ホームページデーターを自動バックアップ(7日前まで)体制など1台借りとけば困ることはまずない点が支持される理由

>エックスサーバー口コミと評判を確認


関連記事

Add a Comment