エックスサーバーのサブアドレスは使えるのか?

>>エックスサーバー詳細はこちら

 

xサーバーは管理画面に対応するようにサーバー側のディレクトリ構造もすべてドメインが並列に並ぶ構造になっています。

そして、初期ドメインや追加ドメインともにすべてのドメインが並列に並ぶディレクトリ構造で、それぞれ所定の公開ディレクトリにサイトデータをアップしてみれば、個々の独自ドメインのURLでサイトを公開できるのです。

そして、追加したすべての独自ドメインは当該ドメイン用のディレクトリが用意されており、特筆すべきことは初期ドメインでさえ同列に配されていることです。

そして、これによってすべてのドメインで一切の従属関係もなくて、個々に完全に独立をした状況でお独自ドメインを運用できるのです。そして、xサーバーは複数の独自ドメインを利用できるといったマルチドメインに完全に対応しており、追加できる独自ドメイン数に制限がなくて、自分がもっている独自ドメインをすべて利用できるのです。そして、サブドメインとは独自ドメインの補助的アドレス形式です。

xサーバーはとても便利ですが、国内管理、大容量バックボーンといった環境とされていて、大容量16GBメモリを搭載して高スペックサーバーを使用していますから、処理速度も高速なのです。

そして、バックボーンとは接続回線の太さのようなものであり、時間当たりのデータの転送量に影響が出るのです。そして、同じ高速道路でも1車線の道と3車線の道があって、3車線のほうが渋滞も起きにくくて、快適なドライブが可能といったことです。

そしてアフィリエイターにとって重要なのですが、ネットビジネスにかかわると必ず多くのサイトを保有することになるのです。

ですが、ほかのサーバーでは1つのサーバーに設定できるサイト数に上限があるといったことが多いのですが、Xサーバーはこの上限がなくて、私は当初多くのドメインを保有するといった気がなかったのですが、結果的に多くのドメインを保有しているのです。そしてアフィリエイターにはマルチドメインは必須の条件です。

2017年8月度申し込みランキング

ここでは、2017年8月1日から8月31日までに申し込みがあったらレンタルサーバーのランキングをご紹介します。

【第1位】エックスサーバー

無制限のマルチドメインサーバー /初期費用3150円 月額1260円~
国内契約者数2位/累計9.7万人(公式HPより)

【支持される理由】
初心者向き、実践向きのサーバー。管理画面が分かりやすく、マニュアルなしで各種設定が可能。
1契約で無制限に独自ドメインを設定できるため、ランニングコスト、使い勝手、電話サポート。
ホームページデーターを自動バックアップ(7日前まで)体制など1台借りとけば困ることはまずない点が支持される理由

>エックスサーバー口コミと評判を確認


関連記事

Add a Comment