レンタルサーバー比較ランキング2021

ホームページ、WEBサイトを作ろうと思った時、一体どのレンタルサーバーを選べばいいのか?迷ってしまいますよね。
日本国内には100社以上のレンタルサーバー会社があると言われ、一体どのレンタルサーバーがいいのか?迷ってしまうのも無理はありません。

あなたに合うレンタルサーバーとは?

星の数ほどあるレンタルサーバーですが、どのレンタルサーバーを選ぶかは目的によって変わってきます。
小規模の会社向けWEBサイトを作るのか?法人向けの信頼感のあるWEBサイトを運営したいのか?ネットショップ向けのレンタルサーバーを運用したいのか?
?はたまたワードプレスをつくったWEBサイトを運営したいのか?など様々な目的が考えられます。
目的別にレンタルサーバーの選び方をまとめていますので、ぜひあなたにあう最適なレンタルサーバーを選んで
ください・

現役WEBデザイナーがレンタルサーバーを徹底比較

このサイトでは、制作会社勤務、現役WEBデザイナーが国内50社以上レンタルサーバーを使った経験から、一体どのレンタルサーバーを選べばいいのか?料金、表示速度、容量などレンタルサーバーの選び方を解説しています。
レンタルサーバーは、表向きのスペックだけではわからないのが現実です。
容量、表示速度、ワードプレスなどサーバーは個々のサーバーによって良し悪しがあります。
ここでは、レンタルサーバーの実情を包み隠さず本音でレビューしています。

プロが選ぶレンタルサーバーの選び方

レンタルサーバーを選ぶ時、WEB制作会社では様々な指標でレンタルサーバー会社を選びますが、レンタルサーバーはサーバー会社の設備によってスペックが決まりますので、一定数の規模があるレンタルサーバー会社しか選ばないのが現実です。
品質、スペックなどは設備環境によりますし、稼働率やセキュリティーなどはある程度の加入者数と運用実績がないと実際に利用していくと、様々なトラブルが起こる可能性があります。
レンタルサーバー会社を選ぶ時は、なによりもそのサーバー会社の運用実績、運用年数、加入者数、会社の規模に注意する必要があります。

検証レビュー項目

このサイトでは、国内レンタルサーバを実際に使った点から検証しているブログです。

1.売り出されているレンタルサーバーのタイトル&説明が誇大でないか
レンタルサーバー販売業者としては、売りたい気持ちはわかるが、商品を売るために過度の誇大表現になっていては嘘になる。

 

2.HPに書かれていることが事実か?

個人差があるのは当然だが、ホームページにかかれていることが事実か?機能、容量、価格、内容、セキュリティー、実情と本音を公開

 

3.レンタルサーバーが安心して運営できる体制にあるのか?

24時間365日有人監視はは当然だか、万一災害や人材などでデーターセンターに異常があった場合、きちんとしたサポート体制が整っているか?検証 以上、三点に基づき検証・評価・レビューしていきます。

目的別レンタルサーバーの選び方

国内のレンタルサーバー会社を評価しています。表示速度、容量、稼働率、セキュリティー、サポート力など比較しランキングしています。

複数サイト運用タイプ<マルチドメインサーバー比較

複数のWEBサイト、ホームページなどの運用する可能性がある方は、マルチドメインレンタルサーバーがおすすめです。
マルチドメインサーバーとは、1つのレンタルサーバーで複数の独自ドメインを設置できるサーバーのことを指します。
エックスサーバー口コミ・評判

お名前.COMサーバー口コミ・評判

ヘテムル口コミ・評判

法人向けWEBサイトを運用タイプ<スペック・セキュリティー重視>比較

中小企業をはじめ会社のWEBサイト、企業のコーポレートサイトを運用を運用したい方は、法人向けレンタルサーバーがおすすめです。
法人向けWEBサイト、企業のコーポレートサイトを運用で求められるサーバーを満たしたレンタルサーバーをご紹介します。
ワダックス、アルファメールなど主な法人向けレンタルサーバーはこちらです。
ワダックス口コミ・評判

アルファメール口コミ・評判


格安サーバータイプ<スペック・セキュリティー重視>比較

個人事業主、小規模事業者、フリーランスなどでとにかく費用を抑えてWEBサイト、ホームページを運用したい方は格安レンタルサーバーがおすすめです。
人気のロリポップ、さくらサーバー、クイッカなどがおすすめです。
ロリポップ

さくらサーバー


ワードプレス専用サーバー

世界的オープンソースてもあるワードプレス導入をお考えの方は、ワードプレス専用サーバーがおすすめです。
表示速度が速く、一般のマルチドメインサーバーでワードプレスを使うよりも表示速度が高く、セキュリティーレべルも高いケースがほとんどです。

ショップサーバータイプ比較

ネットショップを運用するためには、レンタルサーバーとショッピングカートの2つが必要です。
巷では、様々なショッピングカート付きのサービスが流行っており、BASE、カラーミーショップ、メイクショップなどが有名です。
ショップサーブ

カラーミーショップ

メイクショップ


ワードプレスタイプサーバー比較

ワードプレス導入を考えている方は、ワードプレス専用レンタルサーバーかマルチドメインサーバーで簡単にワードプレスをインストールするレンタルサーバーがおすすめです。
ワードプレスサーバーを選ぶ時の注意点は表示速度です。ワードプレスはいわゆるオープンソースのブログシステムで無料で使えますが、高機能なブログシステムのため、表示速度が遅くなりがちです。
そのため、あらかじめ表示速度の速いレンタルサーバーを選んで行いと、いざWEBサイトを開設したときに、表示が遅くなり見ずらいWEBサイトになってしまいます。
そのためワードプレスサーバーを選ぶ時は、表示速度を中心に比較することが需要です。
主に下記の3点を比較しています。
ワードプレスサーバー< 速度表示>
ワードプレスサーバー< 容量>
ワードプレスサーバー< 簡単インストール>

アフリエイト向けサーバー比較

アフリエイトサイト向けレンタルサーバーを比較しています。アフリエイトビジネスを行う上でレンタルサーバーは非常に重要な役割を果たします。
できるだけコストを削減して複数のWEBサイトを立ち上げるには、一体どのレンタルサーバーを選べばいいのか?徹底比較検証しています。

エックスサーバー

エックスサーバーは、マルチドメインタイプのレンタルサーバーです、マルチドメインサーバーとは、レンタルサーバー1台について複数のドメインを設置できるレンタルサーバーです。エックスサーバーはマルチドメインサーバーの中でも非常に人気があるレンタルサーバーと言えます。

国内サーバーと海外サーバーのメリット・デメリット

server_01

 

海外サーバーに比較した場合の国内サーバーのメリットとデメリットについてご紹介しましょう。

海外サーバーに比較した場合の国内サーバーのメリットとしては、サポートは日本語で行ってくれる、運営が日本の国内の法律に則って行われている、テキストコンテンツが文字化けするようなリスクはない、海外サーバーに比較して決済する手段がいろいろある、などが挙げられます。

海外サーバーに比較した場合の国内サーバーのデメリットとしては、通貨価値が単純に違っていることや、激しい価格競争の違いがあると考えられるが、機能が同等のものでも海外サーバーに比較して価格のサービスが高くなる、海外に顧客の多くがいるケースでは、地理的なサーバーの距離が遠くない方が有利に接続スピードがなる可能性がある、日本においては設置が難しいようなコンテンツを置くことができることがある、顧客に対して海外へ展開することを検討しているようなイメージを与える恐れがあるかもしれない、などが挙げられます。 “

海外サーバーに比べた場合、国内サーバーのメリットについてご紹介しましょう。
応答速度については、中継点が少ないので、応答速度が遅いとユーザーが感じる場合はあまりありません。
接続不良については、中継点が少ないので、不具合が起きることはあまりありません。
初心者の場合でも利用することができるように、サービスが分かりやすくなっています。
円安や円高に影響されるようなことはありません。
海外サーバーの場合、レンタルサーバーを利用する料金が、円高の場合は安くなりますが、円安の場合は高くなります。
海外サーバーに比べた場合、国内サーバーのデメリットについてご紹介しましょう。
機能の高いサイトを制作する場合、海外専用サーバーであれば対応することができますが、国内サーバーの場合には、限定されていたり、対応されていなかったりするサービスがあります。
海外サーバーに比較した場合、価格が同じであれば、海外サーバーの方が割合性能が高い場合が多くあります。