個人が簡単にホームページを作るには

今や企業、団体のみならず個人の趣味等に関する分野でもクオリティの高いホームページがweb上にあふれています。

こういう状況ですと、会社を経営している方や、自営業の方、また個人でも、何かホームページを作成しようと思った時に……

「自分ではこんな見栄えのホームページは作れない」
「1から勉強するのが大変そう」
「業者に頼むと、とんでもない費用がかかるのではないか」

などの心配事が出てくるのではないでしょうか。今回は、そんな心配に大して様々な視点からお応えしていきたいと思います。


1.既存のサービスを利用する

一昔前の個人ホームページといえば、無料のレンタルサーバを借りて、そこにハイパーテキスト(HTML)をFTP経由でアップロードするという形式が主流でした。スタイルシートなどを活用してみても、やはり個人のホームページ感は拭えなかったのを憶えています。

しかし、今は既存のサービスを利用して、自分で画像を入れ替えたりテキストを入力するだけで、見栄えのするホームページを作成することが出来ます。

「WIX」「Jimdo」などと言ったサービスです。

登録は簡単で、自分でテキストを入力するだけで、ある程度のクオリティを持ったホームページが自動で作成されます。さらに、ある程度webに関する知識のある方であれば、少し手間を加える事によって、人気webサイトのような造りをしたホームページ作れます。



2.参考書などを読んでみる

こちらは「とにかく自分でやりたい!」という人にオススメです。ホームページ作成に関する参考書は多々有りますが、個人的な意見としては、「あれもこれも」と欲張らないことが大切かと思います。

使う言語は一つにして、その参考書を読んでいくことが最もホームページ作成に適していると思います。ホームページビルダーなどのソフトを使った場合も、やはり参考書は1冊合ったほうが良いかもしれません。


3.業者(プロ)に頼む

最後にこういうことを書いてしまうのは何ですが、やっぱりプロに頼むのが一番だと思います。

たとえば上の1、2の場合ですと、ホームページを作成したいあなたの「あれもこれも」という欲求が、全て叶えられないことが多いです。自分で勉強していくにしても、見栄えのするホームページを作るには、様々な言語やアプリケーションの仕組みに精通していなければ難しいです。

そこで、プロに頼んでみると……

自分の欲求に対して、適切な成果を示してくれます。見積もりの段階でも、かなり具体的な部分まで踏み込んでくれる業者さんが多いです。

私も個人のホームページを最初は自分で作成していたのですが、更新システムが煩雑になっていたので、その部分を含め業者の方に製作をお願いしたことが有ります。

やはり、個人でできるレベルと、プロのレベルにはかなり差が有りました。

単純な見た目だけなら、個人で四苦八苦しても何とかなるかもしれません。しかし、昨今のホームページ作成には、ある程度「動的」な部分が求められます。アクセスしてくれる人からのレスポンス、スマートフォンからのアクセス、自動更新システムなどなど……。

その辺を個人で実現するのは、かなり難しいです。業者の方であれば、これらの要素を予算に応じてまとめてくれますし、完成後のアフターサービスも行ってくれます。

「こういうホームページを作成したい!」という強い思いがあるのであれば、予算を決めて業者さんに頼んでみることが、結果的には一番の近道かもしれませんね。

2017年8月度申し込みランキング

ここでは、2017年8月1日から8月31日までに申し込みがあったらレンタルサーバーのランキングをご紹介します。

【第1位】エックスサーバー

無制限のマルチドメインサーバー /初期費用3150円 月額1260円~
国内契約者数2位/累計9.7万人(公式HPより)

【支持される理由】
初心者向き、実践向きのサーバー。管理画面が分かりやすく、マニュアルなしで各種設定が可能。
1契約で無制限に独自ドメインを設定できるため、ランニングコスト、使い勝手、電話サポート。
ホームページデーターを自動バックアップ(7日前まで)体制など1台借りとけば困ることはまずない点が支持される理由

>エックスサーバー口コミと評判を確認


関連記事

Add a Comment